神秘的なインタネット

インタネットの利用はますます広くなって、幼稚園の子供も若者も60歳の老人もインタネットを利用するようになっています。
ホームページ作りが趣味という高齢者もいるぐらいですから、生活に溶け込んでいるのがわかりますよね。

サイトにログインする時、ニックネームを使いますので、自分の真実の名前を使わなくても大丈夫です。
このように、インタネットは神秘的なベールが付きます。

即時通信ソフトで他人としゃべる時には、相手の名前、性別、年齢などが一切分かりません。
60歳の爺を20歳の娘にして、16歳の娘を30歳の男にして他人と話すことが少なくありません。

なので、インタネットでチャットする人を信じてはいけないと、よく耳にします。
インタネットで知らない人とチャットするのは、ただの暇つぶしと考えたほうがいいのでしょう。

何でも信じてしまうと、身の危険を招いてしまうかもしれません。
匿名のメリット・デメリットをしっかりと自分なりに解釈しておかなければ、フィッシングサイトにひっかかって、支払わなくても良いお金を支払うことになります。

後ろめたい使い方をしなければ、何も恐れることはありませんが、最低限の知識を持たなければ、いつまでも簡単にお金を振り込むようなことが発生するでしょう。
利用者のネットリテラシーの向上が、被害者を少なくする方法のひとつですね。

合宿先探しはインターネット
学生のサークル合宿から少年野球・少年サッカーの合宿まで合宿の手配が専門の旅行会社
www.tabiplan.co.jp/

«
»