懐かしのお笑い番組

高校生のとき、テレビの世界はお笑いブームだった。
親世代では第一次漫才ブームだったらしく、その再来だと言われ、テレビでも漫才番組が実に多かった。

昔と少し違う点は、深夜番組の放送時間が夜遅い時間になったこと。
これにより、ゴールデンタイム帯の放送ではできない企画などもたくさんあり、毎日腹を抱えて笑っている生活だった。

女子高に通っていたこともあり、異性の目を気にすることなくお笑い談義に花が咲く。
友達と見るDVDといえばお笑いで、その他のドラマや歌番組を一切見ない日々が続いていた。

あれから気がつけば10年経っていた。
実家に帰ったときに、溜めていたままのお笑い番組のDVDを姉と一緒に見た。

あの企画が面白かったとか、あんなに面白い回を見ることはもうできない、など細かく思い出しながら鑑賞し、改めて見ても本当に面白かった。
あれから10年経ち、テレビをにぎわせていた芸人さんもすっかり大物タレントに。

なんだかあのころのガツガツした剥き出しの笑いが見れないのかと思うと、当時のDVDが本当に宝物だと感じるのだった。

«
»