冷蔵庫の清掃

小さな一人暮らし用の冷蔵庫を処分して、大きなファミリータイプの冷蔵庫に今年買い替えを行った。
元の冷蔵庫をリサイクル業者に引き渡すために清掃を行ったのだが、買い取り価格を少しでも上げてもらえるように念入りに念入りに行った。

冷蔵庫のドアポケット部分の仕切りなどはすべて外した。
綺麗にしているように見えて、冷蔵庫の中は意外と汚れやすいものであり、洗剤で食器と同じように洗った。

そのあと拭きあげをおこなって乾かす。
そして冷蔵庫内部は、軽く汚れを取ったあと、重曹を溶かした水に新しいふきんを浸して全体を拭きあげた。

連結部分やゴムパッキンなどの細かい部分まで行うことが大事。
一番時間がかかったのが冷凍庫だ。
一人暮らし用の冷凍庫なので一つしかないが、氷の霜がびっしりと壁にくっ付いていたのだ。

しかも発砲スチロールくらいの厚さになっており、これを溶かしてしまえば水がダラダラと床にこぼれてしまうので、溶かさずに砕く作業を行った。
パワーがいる作業だった。

内部の清掃が終われば外側も拭きあげなどを行ったところで引き取り業者さんがいらっしゃった。
なんとプロと同じぐらい綺麗な清掃を行いましたね、と褒められた。

でも傷があったため査定額はアップしなかったが、ずっと使った冷蔵庫を手放す前に、感謝の気持ちも込めて清掃をできて良かったと思う。

«
»