日本オタク

以前テレビ番組で、日本が大好きだという日本オタクの外国人に、毎週クイズを出題するという勝ち抜きバトルをやっていた。
結局、一人の外国人が毎週正解を出して殿堂入りのようになったのを覚えている。

その外国人の知識がとにかく深いのが印象的だった。
クイズは戦国武将から地理、古典、京ことばなど多方面のジャンルに及んでいたため、日本人でも答えられる人は少ないであろう。

きっと学者でもあれだけたくさんのジャンルについて質問されれば答えられない。
しかもすごいのは、ただ回答するだけではなく、問題や回答について付属情報をすらすらと出して解説すること。

毎回これには、出題した方も参りましたというかんじ。
それでも得意気にはならない奥ゆかしさは、実に日本人らしかった。

その外国人が繰り返し言っていたのは、こんなに素晴らしい歴史や文化があるんですよ、深く勉強したいと思わないのですか、ということ。

知りたくないわけではないが、なんとなくやり過ごして深く学んでこなかった自分を省みると、すごくもったいないと気がつく。
外国人に日本の素晴らしさを教えられるのではなく、自ら知っておかないといけないと思った。

翻訳の神髄
翻訳サービスは数をこなす事では無く情報を広く伝える手助けとなることである
www.honyakuctr.com/

合宿成功の秘訣
合宿はプログラムが成功を決めるのではなく準備と環境を整えることが大事
www.tabiplan.co.jp/

«
»