コンテンツ複製対策

会社では、事務仕事に必要なコピー機などは、管理職レベルによる決裁が必要な場合がほとんどだと思います。

中古コピー機であっても、十数万の価格となるわけですから、今のシビアなコスト管理では、簡単なことではありません。

ところが新品で最新機種となると、数十万から数百万円レベルの高機能複合機もありますので、会社規模によっては、費用というよりは投資の観点が必要でしょう。

一台導入するにあたり、どれほどの効果が期待できるのか、何がやれるのか、などなどコスト回収と間接コストの低減策の提案を強いられます。

ただし、事務ワークの労働効率というのは、お金に換算しにくいのが特長です。
定量的なデータよりも定性的な情報でまとまりやすくなることは、ホワイトカラーの方は経験済みでしょうね。

さらに、細かい人が管理監督者だと、紙詰まりの予想頻度やトナーなどのランニングコストに電気料金まで弾き出せという事でしょう。
そのような細かい数字を出したところで、現実的では無いのですが。

紙の使用量を減らす、社内文書を電子化してインデックスデータベースを構築するなどの、ドキュメントマネジメントの発想が無いと、そのような小銭に固執します。

中古コピー機は、コストを抑えながらも機能的には十分活躍できることから、年々利用率は高まっています。
同じコピーでも、ウェブサイトの複製対策にも注意しなければなりません。

ショッピングカート導入で不正処理予防
128bitのSSLとPGP暗号化メールの組み合わせで最高レベルのセキュリティを実現
www.shopmaker.jp/
セキュリティもバツグンのカート
関連:www.garcia-plombier.com

»