エステ

女性であれば誰でも少しはエステに興味があるのではないでしょうか。
どうやらエステの発祥の地はフランス、マリーアントワネットの時代のようです。

18世紀ですから、だいぶ古いですね。
その頃に行われていたのは牛乳風呂や、アロマや化粧品など。
貴族の時代ですから付き人の仕事だったようです。

エステティシャンという職業が確率したのは第二次大戦後のことです。
日本でのエステの歴史は明治の中頃で、一般庶民に普及したのは最近になって1970年代からの高度経済成長時代、国民の生活水準が上がってからです。

生活にゆとりができた為、女性がダイエット、美肌などに目覚めの後のエステブームに繋がって行きます。
エステサロンの注意点として妊娠中や体調の悪い方は受けない方が良いという事です。

アレルギーのある方も医師に相談した方が良いでしょう。

最近は減ってきていますが、中には悪質なエステもあり、強引な勧誘が行われているケースもあります。
これらも充分注意しなければならないでしょう。
効果が不確かなものであることを前提にしつつ、少し低めに効果を期待しましょう。

間違ってもエステだけで痩せる、なんて考えは、カモとなって財布がスリムになるだけですので、決して、自分の都合の良い解釈をしないようにしましょう。
欲求には理性を以て対処します。

これが女性からダイエットに関する「騙されにくい」思考のキホンですね。

»