漬け物

日本の食卓になくてはならない一品は漬け物でしょうか。
白いご飯に漬け物だけで満足という方もいる事でしょう。

漬け物の歴史は古く、古来では海水に野菜を浸し保存食として食され始めたと言われています。

記録上では大和時代には塩漬けによる食品の保存が行われていたそうです。
今から2000年前の事ですから、相当古くから日本人に愛されていたようです。

平安時代に入ると、副食として扱われるようになり、ワラビ・茄子・キュウリ・瓜などを塩やもろみ、味噌につけていた事がわかっています。

同時に漬け物は健康食品としての一面も持っています。
ぬか漬けなどは、ビタミンB郡や、整腸作用などもある植物性乳酸菌が豊富に含まれているのです。

漬け物というと塩分が多いと思われていますが、たしかに昔は保存の為に塩分を多くし腐敗を防いでいましたが、現在では企業努力などにもよって低塩分の漬け物が主流となっているそうです。
いままで塩分を心配していた方も安心して美味しく漬け物を頂きましょう。

昔はご家庭で「ぬか漬け」を作っていたところも多かったと思いますが、今では、買った方が早く食べられますからね。
さらにのあの「ニオイ」は、アレを想像する人もいるでしょうから、気密性の高い住宅には厳しいでしょう。

マンションだと隣人にも影響しますからね。

癌家系

癌にかかるのは、やはり家系も関係あるのだろうか。
健康診断の問診票には、近親者が癌や脳卒中などにかかったことはないか尋ねてくる欄があるし、関係性が強いのだろうか。

祖母や母は、知人の葬儀などから帰宅すると癌家系だったからね、とよく話している。
その度に疑問に思うのだ。

例えば癌ではない30歳の父母から生まれた子どもがいたとする。
父親が50歳を迎えたときに癌が見つかったとしても、癌になる前に生まれた今年20歳になる子どもも癌になる可能性があるんだとすれば、防ぎ用のない病のようで、なんだか心が暗くなる。

30歳ですでの癌を発症している親から生まれた子であれば、なんとなく分かるのだが。
そう考えると、家系というよりかは家庭の生活習慣なんじゃないかと思う。

濃い味付けで血圧が上がりやすい食事や、運動をする習慣がないなど、そういったことが続いて、父が癌になり、同じ環境で育った子も癌になる。
これを癌家系といっているのではないのだろうか。

医学のことは分からないが、家系的に癌になりやすいなど言われたら、普段健康に気を使っているのが水の泡になりそうな気がして、家系のせいではないと思い込みたくなっているのだ。

札束をたくさん並べて見たい
狙い目は年末ジャンボミニ
狙い目と言われている年末ジャンボミニは1等1億円。年末ジャンボでは圧倒的実績の大阪特設売り場で購入を。
www.hpfree.com/engeki/
関連:www.cantorwolff.com

«