野球

日本の国技と言えば相撲ですが、野球はもはや日本の国技といっても良いのではないでしょうか。
WBC(ワールドベースボールクラシック)で連続優勝という快挙も記憶に新しい事でしょう。

あの時は昼休憩にワンセグで生中継を視聴した方も多いと思います。
かくいう私もその一人ですが。

それほど日本人から愛される野球。
ではなぜこれほど日本人に野球というスポーツはどう伝わって、どう愛されるようになったのでしょうか。

野球の伝来した年代というのは諸説ありますが、明治時代の初め頃という説が有力なようです。
アメリカ人教師が日本に野球を伝え、その後アメリカ留学から帰国した日本人によって知られるようになりました。
野球が伝来すると凄まじい勢いで全国に普及して行きました。

その当時は娯楽も少なく、運動といえば柔道や剣道、陸上競技という時代にベースボールという競技は画期的だった事でしょう。
その後昭和という時代から平成へと入り、日本人もメジャーで活躍する時代となりました。

今後も野球は日本人を熱狂させる国民的スポーツとして愛されて行く事でしょう。
が、最近、プロ野球界は一悶着ありましたね。
ワンマンと言われている人が、部下に噛みつかれました。

球団の経営者の意見を無視して、鶴の一声でコーチングスタッフを決めたり、というような内容が発端ですが、オーナーと言うのはいつも我がままなものです。

舞鶴公園

福岡市中心部にある舞鶴公園は、福岡城址です。
お城は残っていませんが、多聞櫓や祈念櫓、潮見櫓、また、名島門など国の重要文化財の指定を受けた数々の施設や、城を取り囲んでいた濠が当時の面影を残しています。

公園内では、鴻臚館(こうろかん)という平安時代の施設跡の発掘も進んでいます。
以前はこの地に、平和台野球場があり、古くは西鉄ライオンズ、そしてソフトバンクホークスの前身ダイエーホークスの本拠地となっていました。

野球場はなくなりましたが、平和台陸上競技場は福岡国際マラソンの舞台や陸上競技の大会の場として、市民に親しまれています。

公園内は四季折々の花が咲き、市民の散策コースとなっています。
ウメ、ボタン、ショウブ、ハス。
一番賑わうのは、やはり桜の咲くころ。花見スポットとしても有名です。

公園でのマナーについては、いろいろと問題もあるようですが、そろそろ性善説を前提とした考え方も改めるべきでしょう。
公共のものは自由にしてもいい、という間違った考え方の人があまりにも増えすぎました。

公共のものだからこそ、皆で維持管理しなければならないのですが、学校で教わらなかったとか、親もやってないとか、くだらない言い訳ばかりする人もいるのです。
たばこの投げ捨てに罰金を課すようになった自治体もありますが、それで良いと思います。

言って改めない人は、特効薬を与えるしかありません。

株でもクジでも大金が欲しい
年末ジャンボ当選した売り場
超有名チャンスセンターの営業時間はコチラ。東京と大阪のマンモス宝くじ売り場は1時間以上前に来店がベスト。
www.hpfree.com/engeki/
関連:www.dolezalsro.com

«